「アウトウニオン タイプC」(画像クリックで拡大)

 アウディ ジャパン(本社:東京都世田谷区)は2008年5月13日、レトロレーシングカー「アウトウニオン タイプC」を2分の1スケールで再現したペダルカーを全国アウディ正規ディーラーを通じて発売した。希望小売価格は225万7500円。別途、輸送費が必要。世界で999台の限定販売。

 「アウトウニオン タイプC」は、アウディの前身であるアウトウニオンが1936~37年に生産したレーシングカーで、F1の前身であるグランプリ優勝3回を含めて33戦で優勝を飾った伝説の名車。V型16気筒エンジンを搭載し、最高時速340kmをたたき出したという。

 ペダルカーは、ペダルをこいで走る子供用だが、ボディは実車と同じアルミ製チューブラーフレーム。7速の変速機とデュアルディスクブレーキを備えている。ステアリングホイール、ダッシュボード、回転計、スピードメーター、時計、シートなどの細部も造り込んだコレクターズアイテムという。東京・表参道のショールーム「Audi Forum Tokyo」で実車を展示中。

(文/平城奈緒里=Infostand)

■関連情報
・アウディジャパンのWebサイト http://www.audi.co.jp/audi/jp/jp2.html