「DH\-KONE4G/U2DS」(画像クリックで拡大)

 バッファローは、記録容量4GBのフラッシュメモリーを内蔵したUSB2.0対応のワンセグチューナー「DH-KONE4G/U2DS」を発売する。パソコンに接続した状態で内蔵メモリーに最大20時間の録画が可能で、ほかのパソコンでも再生できる。希望小売価格は1万5700円。4月下旬より出荷する予定。

 同社のUSBワンセグチューナー「ちょいテレ」シリーズの新製品となる。従来機種と同じくパソコンのハードディスク装置(HDD)にも録画することが可能。HDDからチューナ内蔵メモリーへの番組のムーブ(移動)に対応するほか、著作権保護機能付きのリーダー/ライターを介してminiSDカード、microSDカード、メモリースティックにムーブできる。携帯電話や携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」で番組再生を行える。

 チューナーの内蔵メモリーに番組視聴/録画ソフトを搭載しており、CD-ROMなしでパソコンにインストールできるという。同ソフトは15fpsのワンセグ番組を30fps化する「なめらかモード」や、映像の輪郭を強調してテロップなどを見やすくする「くっきりモード」を備える。また字幕放送対応番組で任意のシーンをキーワード検索する「お目当てシーン検索機能」を利用できる。このほか「ちょいテレ」シリーズのチューナをパソコンに2本接続し、2番組同時録画を行える。対応OSはWindows Vista(32bit/64bit版)/XP SP2以降、またはMac OS X 10.5/10.4。

 本体サイズは幅20mm、高さ13mm、奥行き79mm。重さは約23g。付属品はチューナーに取り付けるロッドアンテナや、ケーブルでつなぐ外部アンテナ、家庭用アンテナに接続するF-AMB変換ケーブルなどがある。

■関連情報
・バッファローのWebサイト http://buffalo.jp/