テレビから利用する場合のイメージ(画面は開発中のもの)(画像クリックで拡大)

 NHKは2008年12月から、同社の番組を有料配信する「NHKオンデマンド」サービスを開始する。ブロードバンド接続したパソコン、もしくはVODサービスを利用可能なデジタルテレビやケーブルテレビで視聴できる。具体的な番組や利用料金については、9月ごろに明らかにする。

 同サービスでは、過去に放送した番組を配信する「特選ライブラリー」と、過去1週間に地上放送および衛星放送で流した番組を配信する「見逃し番組」の2タイプを用意する。

 特選ライブラリーでは、「大河ドラマ」「朝の連続テレビ小説」「映像の世紀」など、サービス開始時に約1000本の番組を用意。その後、毎年1000本程度の番組を追加する。見逃し番組では、毎日10─15本の番組のほか、「おはよう日本」や「ニュースウオッチ9」など5つのニュース番組を配信する。

 テレビ向け配信サービスは、アクトビラの「アクトビラ ビデオ・フル」とジュピターテレコムの「J:COM オン デマンド」に対応し、ハイビジョン品質で提供する。NHKは両社以外とも調整を行い、視聴環境を整えていく考え。

 なお、同サービスは新たな設備費や回線料などが発生するため、受信料から独立した会計で運営し、サービス提供にかかる全費用を同サービスの利用料金でまかなう。

■関連情報
・NHKのWebサイト http://www.nhk.or.jp/