ヒルトングループの最高級ホテル「コンラッド東京」(所在地:東京都港区)は、合わせて10個の「ミシュランの星」を持つ英国の著名なフレンチシェフ、ゴードン・ラムゼイ氏を迎え、2008年4月19、20の両日、「サンデーランチ」賞味会を開催する。同氏が直接厨房に立つ予定。料金は8800円。

 ラムゼイ氏は、コンラッド東京のフランス料理レストラン「ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京」のコンサルタント・シェフ。来日に合わせて、著書のオリジナルレシピ集「ゴードン・ラムゼイ サンデーランチ」のレシピを忠実に再現。賞味会の参加者に楽しんでもらう。

 コースは、前菜、主菜それぞれ3品、デザート2品から選べる。ラムゼイ氏や、2月から同レストランのシェフ・ド・キュイジーヌに就任した前田慎也氏のあいさつなどがある。予約は電話で受け付け、満席(招待席含めて80席)になり次第終了する。

 「サンデーランチ」は、英国で日曜日にロースト料理を食べることで知られた風習で、ラムゼイ氏はこの風習が失われ、家族が一緒に食事することが少なくなったことを嘆いてレシピ集を出版したという。

 同レストランでは、4月27日からレシピを忠実に再現したサンデーランチを提供する。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・コンラッド東京のWebサイト http://www.conradtokyo.co.jp/