「Atom」採用ウルトラモバイルPC(画像クリックで拡大)

 松下電器産業は2008年3月5日、頑丈なボディのノートPC「TOUGHBOOK(タフブック)」シリーズに、インテルの低消費電力プロセッサー「Atom」を採用した新モデルを発表した。重さ1kgを切る軽量・コンパクトで、タッチパネルとキーボードで操作する。日本市場では、2008年秋から法人ルートで順次発売する予定。

 インテルやマイクロソフトが提唱する新PCカテゴリー「ウルトラモバイルPC」(UMPC)の製品。従来の「TOUGHBOOK」シリーズを超える耐衝撃/耐落下性能を備えながら、手のひらに乗せて使えるコンパクトなボディとした。タッチパネル付き5.6型液晶を搭載し、屋外でもスムーズに使える。

 Windows Vistaに対応し、一般のノートPCと同等のアプリケーションや操作が利用可能。バッテリーは1日中持ち運んで使える長時間駆動。ホットスワップにも対応し、電源を入れたままバッテリーを交換できる。用途に合わせて、キーボード、ワイヤレス、カメラ、バーコードリーダーなどのカスタマイズも可能。

 ドイツで開催中の情報通信技術展示会「CeBIT 2008」に参考出展している。

(文/宇高舞美=Infostand)

■関連情報
・パナソニックのWebサイト http://panasonic.co.jp/