家電量販店大手のエディオンは、自社グループの店舗で東芝製HD-DVD対応機器を購入した顧客を対象に、Blu-ray Disc(BD)対応機器への交換を始めると発表した。3月1日~31日の期間、顧客が購入金額の差額を負担する形でソニー製、松下電器産業製、シャープ製のいずれか、希望のBD対応機器と交換する。

 交換は、「デオデオ」「エイデン」「ミドリ電化」「エディオン」「石丸電気」「100満ボルト」の店舗で実施する。2月22日までにこれらの店舗で東芝製HD-DVD対応機器を購入した顧客は、エディオングループの店舗に持ち込んで交換できる。エディオンは該当する顧客にハガキを送るなどして個別に案内する予定。

 交換対象となる東芝製品はHD-DVD対応ハードディスクレコーダ「RD-A1」「RD-A300」「RD-A600」「RD-A301」の4機種と、HD-DVDプレーヤ「HD-XA1」「HD-XA2」「HD-XF2」の3機種。

 なお、エディオングループは今後、HD-DVD対応機器の販売を中止するが、HD-DVDメディアは引き続き販売する。HD-DVD対応機器の修理や保証などのアフターサービス体制も継続する。

■関連情報
・エディオンのWebサイト http://www.edion.co.jp/