デジタル一眼レフカメラ「ニコン D60」(画像クリックで拡大)

 ニコンは、初級者向けデジタル一眼レフカメラの新製品「D60」を2008年2月22日発売する。2種類のごみ対策機能を新搭載したほか、カメラ内画像編集機能を充実させた。価格はオープンで、予想実売価格はボディー単体が7万5000円前後。標準ズームレンズ付き「レンズキット」が9万円前後。標準と望遠の2本のズームレンズ付き「ダブルズームキット」は12万円前後。

 新搭載のごみ対策機能「エアフローコントロールシステム」は、ミラーボックス底部に設けた空気流制御穴で空気の流れを変化させて、CCD面にごみが付きにくくした。「イメージセンサークリーニング」は、ローパスフィルターを3種類の共振周波数で振動させ、CCD面に付着したごみを効果的にふるい落とす。

 また、カメラ内に赤目補正や画像合成、フィルター効果などの画像編集機能を搭載した。RAW現像機能も備え、パソコンを使わずにRAWデータを画質モードや画像サイズ、ホワイトバランス、露出補正などを設定してJPEG出力できる。

 有効1020万画素CCDと、独自の画像処理技術「EXPEED(エクスピード)」を搭載。レンズマウントはニコンFマウント(AFはモーター内蔵レンズのみ対応)。本体サイズは幅126×高さ94×奥行き64mm、重さは約495g(バッテリー、SDメモリーカード、ボディーキャップなど除く)。

 同時に、レンズキットとダブルズームキットに付属する標準ズーム「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR」(35mm判換算で27~82.5mm相当)を発売する。希望小売価格は3万6750円。

 なお、ダブルズームキット付属の望遠ズーム「AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF)」(同82.5~300mm相当)は2007年3月発売で、4万7250円。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・ニコンのWebサイト http://www.nikon.co.jp/