全日本空輸(ANA)とJR東日本は、2008年2月よりANAのマイレージをSuicaのポイントに交換できるようにすると発表した。マイルから交換したポイントを使ってSuicaにチャージ(入金)できる。両社は2008年秋から、マイレージカードとSuicaを一体化した提携クレジットカードの会員も募集する。

 ANAマイルをSuicaポイントに交換できるのは、「ANAマイレージクラブ」に加入し、さらにJR東日本の「モバイルSuica」またはIC乗車券一体型クレジットカード「ビュー・スイカ」に加入している会員。ビュー・スイカの提携カードでも利用できる。

 ANAとJR東日本が新たに発行する提携カードの名称は「ANA Suica カード(仮称)」。クレジット利用でマイルがたまるほか、JR東日本や私鉄、バスの乗車券になり、Suica電子マネーを使える。またANAの国内線向けチケットレス搭乗サービス「SKiP」に対応する。パソコンや携帯電話からANA便の指定席を予約し、クレジットなどで決済すれば、空港の専用端末にカードをかざすだけで搭乗手続きができる。

 なお、従来のANAマイレージクラブ会員向けクレジットカードと異なり、電子マネー「Edy」は搭載しない。

 JR東日本は日本航空(JAL)とも、Suicaやマイレージカードを一体化した提携クレジットカード「JALカードSuica」を発行している。こちらはJALの国内線向けチケットレス搭乗サービス「JAL ICチェックイン」に対応する。

■関連情報
・JR東日本のWebサイト http://www.jreast.co.jp/
・全日本空輸のWebサイト http://www.ana.co.jp/