(画像クリックで拡大)

 クリプトン・フューチャー・メディア(本社:札幌市)は2007年12月3日、歌声合成ソフト「VOCALOID2 鏡音リン・レン」を12月下旬に発売すると発表した。大ヒットした「初音ミク」に続くキャラクター・ボーカル・シリーズの第2弾。オープン価格で、実売予想価格は1万5750円前後。

 実際の人の声のデータをもとに、歌詞付きでメロディを歌うVOCALOID(ボーカル・アンドロイド)ソフト。声優の下田麻美さんが一人二役を演じ、女の子ボイスの鏡音リンだけでなく、要望の高かった男の子ボイスの鏡音レンを加えた男女双子ユニットとした。

 ピアノロール型の簡単な入力画面にメロディと歌詞を日本語で入力すれば、リン・レンが流暢な日本語で歌う。パワフルなロック系ポップス、エレクトロ系ダンスポップス、ソウルフルなポップス、歌謡曲に加え、演歌のようなソウルフルな歌唱にも挑戦できる。

 合わせてコンテンツ投稿サイト「ピアプロ」(ベータ版)を開設した。現在、「初音ミク」と「鏡音リン・レン」のオリジナル曲、イラストの投稿を募集中。得意なコンテンツを投稿し合ってもらい、協業による新コンテンツの創造を目指すという。

(文/平城奈緒里=Infostand)

■関連情報
・クリプトン・フューチャー・メディアのWebサイト http://www.crypton.co.jp/
・ピアプロのWebサイト http://piapro.jp

■関連記事
シリーズ第二弾“鏡音リン”も登場! 今ここで理解しておきたい「初音ミク」現象のすべて
「とかちつくちて」と歌った理由を、声優・下田麻美さんがファイナルアンサー!?