KDDI研究所は11月19日、動画の再圧縮やデジタル/アナログ変換を行っても消えない「電子透かし」技術を開発したと発表した。放送番組などに埋め込めば、著作権保護に役立つとしている。

 電子透かしでは動画や音楽といったコンテンツに、通常の再生時は知覚できない形でデータを埋め込み、専用プレーヤーで再生したときだけ著作権情報などを検出する。しかし従来の技術には、動画を再圧縮するハードディスクレコーダーや、VHSなどのアナログ機器で録画すると、埋め込んだデータが消えてしまうという問題があった。

 新技術ではこうした問題を解消し、同時に動画に埋め込めるデータの量を増やした。動画の一定時間ごとに埋め込む電子透かしを切り替える手法を採用し、大量のデータを埋め込んでも画質に影響が出ないようにした。たとえば放送作品の字幕を、すべて電子透かしとして埋め込めるという。

■関連情報
・KDDI研究所のWebサイト http://www.kddilabs.jp/