オリエント・コーポレーションは11月1日より、自社カード会員を対象に、NTTドコモのケータイクレジット「iD」に対応した携帯電話機を使ってクレジット決済を行えるサービスを始める。

専用サイト (http://orico.jp/id)から申し込むことで、携帯電話用の決済アプリケーションをダウンロードできる。

 オリコは8月から、森ビル流通システムのショッピングセンター「ラフォーレ」の提携カードとして、iDに対応したクレジットカードを発行している。このカードは、iD対応の決済端末などにかざすと、非接触でクレジット払いを行える。

 新サービスでは、カードを持たなくても、決済アプリをダウンロードした携帯電話をかざすだけで、同様にクレジット払いを行える。ラフォーレの提携カードだけでなく、オリコのプロパーカードやほかの提携カードを所有する会員も申し込みが可能。同時にiD対応のクレジットカードを受け取れる。発行手数料などは無料。

 なおオリコは、2006年よりJCB系のケータイクレジット「QUICPay」を導入している。今回、iDの決済アプリの提供することで、携帯電話を頻繁に利用するカード会員の利便性を向上させ、併せて新規顧客の獲得を図る。

■関連情報
・オリエント・コーポレーションのWebサイト http://www.orico.co.jp/
--------------------------------------------------
プレスリリースhttp://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=174038&lindID=3