オリンパスイメージングは2007年10月17日、デジタル一眼レフカメラの新製品として、ハイアマチュア&プロ向けの高性能モデル「E-3」を発表した(ニュース記事はこちら)。このE-3は、2003年10月発売のプロ向けモデル「E-1」の後継となるカメラで、2007年春に行われたカメラ機器の展示会「PIE(フォト イメージング エキスポ)2007」にて、開発途中のモックアップモデルが参考出品されていた。

 17日に、都内でE-3の新製品発表会が行われたので、会場で触ったE-3のファーストインプレッションをお伝えしよう。

オリンパスイメージングのフォーサーズ対応デジタル一眼「Eシリーズ」の最上位となるハイアマチュア向けモデル「E-3」がついに登場!(画像クリックで拡大)

 E-3のおもな改良ポイントは、可動式のバリアングル液晶モニターを搭載し、Eシリーズで定評のあるライブビュー撮影機能を利用することにより、より自由なアングルでの撮影を可能にした点が挙げられる。

本体のデザインは、2007年春に行われたデジカメ展示会「PIE2007」で展示されたモックアップとほとんど同じ。E-1と比べると、かなりコンパクトになった(画像クリックで拡大) 縦位置撮影用のボタン類を装備したパワーバッテリーホルダー「HLD-4」(希望小売価格2万4675円)も用意する。本体単体時よりも重くなるが、全体のバランスはよくなる(画像クリックで拡大)

前面のデザインはかなりオーソドックスな印象だ。背面のバリアングル式液晶モニターは剛性感があり、安心して回転などの操作が行える。液晶モニターの撮影情報表示はE-410/510と同じで、OKボタンを押して各種設定変更が容易に行える(画像クリックで拡大)

松下電器産業の「LUMIX DMC-L10」に続いて、デジタル一眼レフカメラでは数少ないバリアングル式液晶モニターを採用したのがポイント。ライブビュー表示は精細なうえ、明るい室内でも視認性は高かった。なお、ライブビュー撮影モードに入る際、ファインダー接眼部のアイピースシャッターを下ろすことを促す表示が現れる(画像クリックで拡大)