ボディーは均質な組成が可能なチクソモールド方式を採用したマグネシウム合金製(画像クリックで拡大)

最大5EVステップの補正効果を実現したというボディー内手ぶれ補正機構や、縦横2軸可動式の2\.5型液晶モニターによるライブビュー機能、超音波振動によるゴミ対策機能などを備える(画像クリックで拡大)

 オリンパスイメージングは2007年10月17日、「オリンパスE-システム」を採用したデジタル一眼レフカメラの最上位機種となる「E-3」を、11月23日から発売すると発表した。価格はオープンで、予想実売価格は20万円前後となる見込み。

 同社デジタル一眼レフカメラ「E-1」の後継モデルとなる「E-3」は、撮像素子に有効約1010万画素の4/3型ハイスピードLiveMOSセンサー、画像処理エンジンには「TruePicIII」を採用。AFセンサーは11点測距となり、AF精度を高めるため、縦横それぞれ2ラインのツインクロスセンサーで構成している。

 最大5EVステップの補正効果を実現したというボディー内手ぶれ補正機構や、縦横2軸可動式の2.5型液晶モニターによるライブビュー機能、超音波振動によるゴミ対策機能などを備える。光学ファインダーは視野率100%、倍率1.15倍で、ペンタプリズムにはシルバーコーティング、ルーペ系レンズ面にもコーティングを施し、十分な明るさと高い解像力を確保したとしている。

 また、手ぶれ補正専用エンジンやAFセンサー専用エンジンなども採用して各機能の処理速度を高め、駆動メカには伝達ロスを低減して精度と信頼性を高めたミラー駆動メカニズムや、高剛性のカーボン入り樹脂素材を採用したミラーボックスなどを搭載。15万回の作動をクリアしたというシャッターは最高1/8000秒に対応して、連続撮影速度は連写Hモード時で毎秒5コマとなる。

 ボディーは均質な組成が可能なチクソモールド方式を採用したマグネシウム合金製で、ボディー内部にはエンジニアリングプラスチックなどの構造部材のほか、メタルフレームで補強。また、本体にはフラッシュも内蔵しており、同日発表された外部フラッシュ「FL-50R」「FL-36R」と組み合わせることで、ワイヤレスによる多灯フラッシュコントロールが、外部コマンダー無しで利用できる。

 感度はISO3200まで対応。記録メディアはCF、マイクロドライブ、xDピクチャーカードに対応。バッテリーには付属のリチウムイオン充電池「BLM-1」を使用し、撮影可能コマ数は約610枚。本体サイズは幅142.5×高さ116.5×奥行き74.5mmで重量は約810g。付属ソフトにはE-3に対応した最新版の「OLYMPUS Studio 2.1」が用意される。

■関連情報
・オリンパスイメージングのWebサイト http://www.olympus.co.jp/
・ニュースリリース http://www.olympus.co.jp/jp/news/2007b/nr071017e3j.cfm
・製品情報 http://olympus-imaging.jp/product/dslr/e3/