松下電器産業 パナソニックマーケティング本部は2006年9月20日、次世代DVD規格「Blu-ray Disc(BD)」に対応するHDD搭載ハイビジョンBDレコーダー「ブルーレイDIGA(ディーガ)シリーズ」を発表した。500GB HDDを搭載する「DMR-BW200」と、200GB HDD搭載の「DMR-BR100」の2モデルで、価格はともにオープン。11月15日の発売を予定している。予想実売価格はDMR-BW200が30万円前後、DMR-BR100が24万円前後。

松下電器が発表した「ブルーレイDIGAシリーズ」2モデル。200GB HDDを搭載する「DMR-BR100」(左)と、500GB HDD搭載の「DMR-BW200」(右)

下位モデルの「DMR-BR100」は予想実売価格24万円。上位モデルの「DMR-BW200」は予想実売価格30万円だ

 毎週・毎日録画した番組を自動でフォルダーにまとめて管理できる「再生ナビ」や、薄型ハイビジョンテレビ「VIERA(ビエラ)シリーズ」などとリモコン1つで連携できる「VIERA Link(ビエラリンク)」など、従来のDIGAシリーズと同様の機能を搭載。上位モデルのDMR-BW200は地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2系統搭載し、デジタル放送の同時録画にも対応する。

録画したビデオを一覧できる「再生ナビ」の画面 薄型ハイビジョンテレビ「VIERAシリーズ」などとHDMIケーブルで接続し、リモコン1つでテレビやレコーダーをシームレスに利用できる「VIERA Link」機能も搭載する

ブルーレイDIGAシリーズに付属するリモコン(左)。従来のDIGAシリーズ(DMR-XW50やDMR-XW30など)に付属するリモコン(右)とほとんど同じ。ドライブ切り替えボタンの「HDD/DVD/SD」(従来モデル)が「HDD/BD/SD」になっていることや、リモコン下部の「DVD/テレビ」という表記が「BD/テレビ」となっている以外は全く同じだ ブルーレイDIGAシリーズのドライブ(写真はi.LINK端子を搭載するDMR-BW200)。BD-RE Ver.1.0に対応する従来型のBDレコーダーで記録したディスクも、カートリッジのまま読み込める。ただしBD-RE Ver.1.0対応ディスクへの記録はできない

 Blu-ray Discドライブは、書き換え型のBD-RE(Ver.2.1準拠)や追記型のBD-R(Ver.1.1準拠)のほか、DVD-R/R DL/RW/RAMへの書き込みにも対応。カートリッジメディアの再生にも対応するが、BD-RE Ver.1.0準拠のディスクへの書き込みはできない。もちろん、Blu-ray Discの再生コンテンツ用フォーマットである「BD-Video」にも対応する。Blu-ray Discへの録画時間は以下の通り。

●Blu-ray Discへの録画時間
  BD-RE/BD-R 
片面1層(25GB)
BD-RE/BD-R 
片面2層(50GB)
DR(地上デジタル HD放送:17Mbps) 約3時間 約6時間
DR(BSデジタル HD放送:24Mbps) 約2時間10分 約4時間20分
DR(BSデジタル SD放送:12Mbps) 約4時間20分 約8時間40分
XP 約5時間15分 約10時間30分
SP 約10時間30分 約21時間
LP 約21時間 約42時間
EP(6時間) 約31時間30分 約63時間
EP(8時間) 約42時間 約84時間
片面1層ディスク(25GB)なら地上デジタル放送で約3時間、BSデジタル放送で約2時間10分の録画が可能。片面2層ディスク(50GB)なら地上デジタル放送で約6時間、BSデジタル放送で約4時間20分もの長時間録画ができる

 HDDに記録したハイビジョン映像は、Blu-ray Discに約4倍速でダビング可能(地上デジタル放送:約17Mbpsの場合)。HDD容量は上位モデルのDMR-BW200でも500GB、DMR-BR100に至っては200MBと決して多くないが、Blu-ray Discメディアに次々と保存していくことで「テンポラリー(ディスク)として使っていただきたい」(パナソニックAVCネットワークス社 ビデオビジネスユニット長の杉田卓也氏)とのことだ。

次世代DVD規格で先行する東芝のHD DVD対応レコーダー「RD-A1」は1TBの大容量HDDにたっぷり録画して、必要に応じてHD DVDに記録するというタイプ。それに対してブルーレイDIGAシリーズはHDD容量が少ないが、パナソニックAVCネットワークス社 ビデオビジネスユニット長の杉田卓也氏はHDDを「テンポラリーとして使っていただきたい」とコメントした

NEXT ブルーレイDIGAシリーズを写真でチェック!