大幅にコンテンツが拡充された「Yahoo!動画

 ソフトバンクとヤフー・ジャパンは2005年12月19日、共同出資会社TVバンクを設立し、ブロードバンドネットワークによる動画コンテンツ配信サービス事業を本格始動した。従来からヤフー・ジャパンのポータルサイト「Yahoo! JAPAN」で運営している動画配信サービス「Yahoo!動画」をリニューアルし、大幅にコンテンツやサービスを増強した。月間4000万人のユニークユーザー数を誇る「Yahoo! JAPAN」の集客力を生かし、視聴者数4000万人を目指す。

 リニューアルスタート時点で「Yahoo!動画」からアクセスできるコンテンツ数は約10万タイトル。その内訳は、独自に提供する無料動画約1万6000タイトルと有料動画1万5000タイトル、そしてインターネット上で配信されている約7万本の動画コンテンツに対する検索インデックスとなっている。従って独自タイトルは約3万1000本だが、インターネット上に散らばった動画コンテンツを含めてキーワード検索ができることがウリの一つだ。

発表会の模様 発表会でプレゼンテーションを行ったソフトバンクの孫正義社長は、「動画コンテンツの時代──テレビとネットが完全に融合し始める時代がやってきた」と語った。また「最近、特定のテレビ局を支配するというような言葉がはやっていますが、特定の1社のみに深くかかわるというのは決していいことではないと思っています」とかつてテレビ朝日買収で辛酸をなめた自らの反省を踏まえつつ、ライブドアや楽天への批判もチクリ

 ビジネスモデルは広告挿入による無料配信と、課金による有料配信の2つのモデルを用意している。コンテンツに動画広告を挿入することで広告主から収入を得るビジネスモデルを新たに追加したことで、従来は有料会員限定となっていたコンテンツも大幅に無料化していくという。

従来は約4000本だった動画コンテンツを約10万本まで大幅に拡充。約7万本はほかのインターネットサイトで配信されている動画コンテンツを探せる「検索インデックス」だが、それを除いても独自コンテンツが約3万1000本と充実している ほかのサービスとの対比も行われた。「A社」の4600本、「B社」の3800本に比べても圧倒的に多いのが分かる

 コンテンツは「バットマン リターンズ」や「ペリカン文書」などワーナーブラザーズ作品をはじめとするハリウッド映画のほか、メジャーリーグ中継や格闘技の「K-1」、モータースポーツの「SUPER GT 2006 SERIES」などスポーツも充実。そのほか「ラブレター」や「愛の群像」など、人気の韓流ドラマや台湾ドラマも無料(一部有料も含む)で視聴できる。

 そのほか、インターネットの双方向性やブログの流行にも着目し、「動画投稿」機能と題した視聴者参加型コンテンツもスタートする予定だ。ユーザーが自分で撮影・制作した動画を投稿すると作品がコンテンツとして公開されるというもの。10のテーマごとにコンテストを行い、応募作品の中からテーマ別の優秀賞100万円、全応募作品の中から最優秀作品に賞金1000万円が授与される。テーマはオスカープロモーションとの共催による「インターネット美女コンテスト」やデジタルハリウッドとの共催による「ショートムービーコンテスト」のほか、ネット界のお笑い王を決定する「お笑いKING」、「おもしろハプニング映像」など。作品の募集は2006年1月1日から開始する。コンテストは年4回開催する予定とのことだ。

インターネットの双方向性やブログの流行に注目し、「視聴者参加型」の動画投稿機能もスタートする。テーマごとにコンテストが開催される。オスカープロモーションと共催の「インターネット美女コンテスト」や、デジタルハリウッドと共催の「ショートムービーコンテスト」のほか、お笑いやものまね、ペットパフォーマンスなど数々のテーマでコンテストが開催される予定だ

 コンテンツパートナーには松竹や角川映画、バンダイチャンネル、WOWOW、ワタナベエンターテインメントなど多くのコンテンツメーカーが名を連ねる。そのほかBBCやAP通信社、韓国の放送局全3局、台湾の放送局全4局など海外コンテンツも充実。国内の地上波テレビ局については、NHKが実証実験に参加しているほか、日本テレビやTBS、フジテレビ、テレビ東京との間でも具体的なコンテンツの選定や提供形態、提供開始時期について協議を進めているという。

上戸彩さんやボブ・サップ氏なども登場! “ヨン様”はビデオメッセージで

 孫正義社長のプレゼンテーションの後、会場のスクリーンには“ヨン様”こと韓国の人気俳優、ペ・ヨンジュン氏からのビデオメッセージが放映された。

韓流ドラマを代表して“韓流スター”のペ・ヨンジュン氏からお祝いのビデオメッセージが贈られた

 発表会の会場には、「オスカーチャンネル」を提供するオスカープロモーションからタレントの上戸彩さん、「K-1」からは格闘家のボブ・サップ氏、元F1レーサーでSUPER AGURI Forumula 1代表の鈴木亜久里氏、福岡ソフトバンクホークスの新垣渚選手らが花を添えた。

タレントの上戸彩さんのコメント。「24時間好きなビデオ番組が見られるだけでなく、自分の好きなチャンネルを作れることで身近になったと思います。ぜひオスカーチャンネルを見て下さい。小さい女の子には『美少女コンテストを受けたいな』と思ってくれたらなと思います」 福岡ソフトバンクホークスの新垣渚投手。「今年から新生ホークスになり、ヤフードームでの試合を30台のライブカメラでネット中継するなどの新しい試みで、楽しく野球を見てもらっていると思います。来年は必ず優勝できるように、応援よろしくお願いします」

 

元F1レーサーでSUPER AGURI Forumula 1代表の鈴木亜久里氏。「なかなかモータースポーツは皆さんの目に届くことが少ないのですが、こういう形でインターネットを通して日本や世界のモータースポーツが見られるようになれば、応援していただけるファンも増えると思うので、すごくうれしく思っています」 格闘家のボブ・サップ氏。「私たちの試合のチケットを購入して生でご覧いただき、その後に自宅でこの試合をストリーミングをご覧下さい。私自身もYahoo!動画を見たいと思います」

 

ヤフーの井上雅博社長とソフトバンクの孫正義社長を中心に、スペシャルゲスト4人が集まって記念撮影が行われた

(安藏 靖志)