03:流行の今が分かる10冊 〈丸善 推奨〉

本のコンシェルジュが選ぶ“この春のお薦め本”
紹介者:丸善 丸の内本店 田中大輔さん

担当ジャンル(フロア):1F(一般書)
書店員歴:5年
1カ月の読書量(冊):10冊
お気に入りの書籍:伊坂幸太郎『オー!ファーザー』

書店名:丸善 丸の内本店
住所:千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾショップ&レストラン1~4階
TEL:03-5288-8881
営業時間:9:00~21:00
定休日:4月は休業日なし
URL:http://www.maruzen.co.jp/top/

一極集中のトレンドはないがヒット作は多い

 ヒットしているのは、やはり、ドラッカー関連書籍とディスカヴァー・トゥエンティワンの『超訳 ニーチェの言葉』(白取春彦[訳])ですね。賢人に学ぶ、というテーマが一つあります。不況も関係あるとは思いますが、身近に学ぶべき人が見つけられない、あるいは経営者の視点と自分自身の視点は違うと感じている人が多いのかもしれません。

 逆に出版物側から見ると、トレンドがないのが今年の特徴のように感じています。昨年であれば、“ノート術”の本が数多く出ましたが、今年に入ってから一極集中ではなく、ばらばらに出ているように感じます。ただ、ヒット作自体は今年のほうが多いのでそういう意味では健全なのではないでしょうか。

 テレビで取り上げられると売れるという傾向は今もあり、そうなると取り上げられやすいのは実用書ですよね。次々ヒットするのはやはり、実用書が多いです。

 昨年からの“巣篭もり傾向”は継続していて、“内食(うちしょく)”も相変わらず強いのですが、今年のさらなる傾向としては、お弁当本が多く出ているということ。お弁当箱も水筒も売り上げが上がっていると聞きます。

 全体的には、昨年までは下降線を辿っていたのが、やっと、平らになったあるいは落ち着いてきたという話を少なからず聞きます。売り上げが劇的に上昇しているわけではありませんが、本に目が向いている時期なのかもしれません。

書店員お薦め

『体脂肪計タニタの社員食堂~500kcalのまんぷく定食~』

タニタ[著] 大和書房[刊] 1200円(2010年1月20日)

『体脂肪計タニタの社員食堂~500kcalのまんぷく定食~』

購入

「お弁当本」に関連しますが、丸善はもちろんのこと、他の書店さんでも問い合わせも売り上げも高いというレシピ集です。なにしろタニタといえば、体脂肪計シェアナンバー1の会社。その社員食堂で出される、メイン・副菜2品・汁もの・ごはんの計5品で約500kcalという低カロリーの食事を紹介したもので、実際に食べている社員が続々ダイエットに成功しているそうです。簡単で試してみたくなるようなレシピが多いのも特徴です。

『Twitterの衝撃』

日経BP社 出版局[編] 日経BP社[刊](2009年11月9日)

『Twitterの衝撃』

購入

やはりツイッターは外すことができないですね。出る本も多く、そろそろひと段落してもいいのかとも思うのですが、これはヒットしています。140字の何が面白いのか、どうやって使うのか、使うとどんなことができるのかといったことがより具体的に解説されています。自分自身もツイッターは使っていますが、やはり情報が早いという点で便利ですよね。そうした利用法がしっかり載っています。

『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』

池田千恵[著] マガジンハウス[刊] 1785円(2009年7月23日)

『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』

購入

最近ビジネス街では朝活動する「朝活」がトレンドになっています。この本は良く売れましたが、普通のOLだった著者が、朝4時起きをきっかけに仕事もプライベートも充実させ、仕事も独立できたという実体験を交えて「朝活」の重要性を説いたもの。丸の内では早朝に勉強会やセミナーが設けられ、カフェなどで「朝食会」も多く行われています。それは異業種交流会だったり、読書朝食会だったりしますが、この傾向はまだまだ続きそうです。

『勉強会へ行こう!──「会社を辞めても困らない人」になるスピード成長法』

嶋ひろゆき[著] 東洋経済新報社[刊] 1575円(2009年12月10日)

『勉強会へ行こう!──「会社を辞めても困らない人」になるスピード成長法』

購入

勉強会が話題になっています。注目したいのは、美崎 栄一郎さんなど勉強会を開いていた人たちが、ビジネス書の著者になっていっているということ。『人生を変えたければ「休活」をしよう! 』の大田正文さんも同様です。勉強会の人脈をきっかけに本を出すということは、つまり、自分を売り込む目的で始めたのではないのに、結果的に自分のためになっているということ。人脈的に横につながる、というのが一つのトレンドになっているのではないでしょうか。

特集:カリスマ書店員厳選
大人の読書計画 2010春 ─「今」が分かる60冊 トップへ