風格漂う旧帝国図書館で 海外の絵本を眺める贅沢 国立国会図書館 国際子ども図書館

帝国図書館時代は特別閲覧室だった第二資料室には、アジア、欧米、アフリカなど世界各国の絵本がずらりと並び、気軽に手に取れる。(画像クリックで拡大)

 前身は、1906年、日本唯一の国立図書館である帝国図書館だ。明治の創建時の姿に保存・修復した後、2000年に児童書専門図書館として開館。ルネサンス様式の堂々たる洋館が目を引く。現在は、約27万冊の児童書を所蔵する専門図書館だが、その名に反して、おとなの知的好奇心をくすぐる。

 実は資料室の利用は18歳以上のみ。なかでも第二資料室は格別楽しい。欧米の豪華な仕掛け本に対し、薄い冊子のアフリカの絵本。赤ずきんの童話も、国によっては狼が擬人化されたり、おばあさんが難を逃れていたりと、ストーリー展開も多種多様。小悪魔的な美少女に描かれた赤ずきんもあり、お国柄が楽しめる。絵本で語学の勉強をするという裏技もありだ。

0円後録

本棚、柱、扉などしつらいも味わい深い。海外の絵本は言葉が分からなくても面白いものだ。

(左)外光がふんだんに差し込むラウンジ。建築家・安藤忠雄が改修に携わった。
(左から2つ目)展示会を催す「本のミュージアム」(旧普通閲覧室)。可憐なシャンデリアと天井に施された漆喰装飾が復元された。
(右から2つ目)1階から天井まで約20mもの吹き抜けとなっている大階段。壁から片持ちで固定されている。
(右)室内の木製の建具は創建時のケヤキ材をそのまま使用している。(画像クリックで拡大)

重厚な100年前の煉瓦造りに、ガラス箱のようなエントランスが新鮮。子ども向け絵本がそろう「子どものへや」で童心に帰るのも楽しい。(画像クリックで拡大)

所在地 東京都台東区上野公園12-49
TEL 03-3827-2053
アクセス JR「上野駅」「鶯谷駅」から徒歩10分
開館時間 9:30~17:00
休館日 月曜・祝日・毎月第3水曜日(第一、二資料室は休館日のほか、日曜休室)、年末年始
URL http://www.kodomo.go.jp/index.jsp
備考 3階「本のミュージアム」では、企画展「ゆめいろのパレット?」を7月5日まで開催。野間国際絵本原画コンクール入賞作品の中から選んだ68枚の原画を展示。

特集:知識の泉を無料でゲット!
リッチに学べる!0円大学&0円図書館 トップへ