嫌いになりかけた自転車

 年齢を重ねる毎に自転車のタイプもいろいろと変わりました。街乗りタイプの自転車やマウンテンバイク、ロードバイク、ママチャリなどなどいろいろな種類の自転車にも乗ってきました。どの自転車にもたくさんの思い出があります。

 そして10年前には競技として自転車に乗るようになりました。移動として使うこともありましたが、多くの目的はレースに出るための“練習”。練習を重ねる毎にどんどん速くなるのが嬉しくて、それがとても楽しい時期もありました。

 でも、いつしかタイムや順位ばかり気になって、本来の目的である“楽しさ”を忘れがちに。“乗らなくちゃ”という“ノルマ”を自分で作っていました。そうすると自転車の楽しさを見失ってしまいます。嫌いになりかけた自転車でしたが、また好きにさせてくれたのが、練習以外の目的でした。