(文=浜田 拓郎/ジャーナリスト)

 スタイリッシュなレストランの運営やデザインワークなどで知られるトランジットジェネラルオフィスは、「お台場」で知られる東京臨海部の江東区青海に、クリエーティブ分野の企業やフリーランスのための職場スペースとなるビル「the SOHO」を3月にオープン、このほど入居募集を始めた。

最大の特徴は共有空間

 地上13階建て370室のオフィスで構成される建物は、SOHO向けのビルとしては世界最大の規模だ。オフィスは全室窓際配置で、33から120平方メートル(賃料は1カ月、13~35万円台)に至る10タイプが用意される。基本レイアウトは、ワーキングスペースにトイレとシンクが備わる。

 the SOHOの最大の特徴は共有空間の充実にある。入居社(者)の24時間活動に対応したロビーラウンジやカフェ、コンビニを備える。さらにミーティングルームから、フィットネスルームや共同のスパとシャワーブースまで整う。そしてウオータフロントならではの設備が、屋上に設けられたスカイテラスだ。広い視界の中で目の前を行き交う船舶や羽田空港を離発着する航空機を眺めながら、入居者同士がコミュニケーションを図ったり、新規プロジェクトの話題が交わされることが期待される。

建物の外観は黒と白のツートン(画像クリックで拡大)

充実した共有スペースが最大の特徴(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)