ロング、ショート、マイクロの3タイプがあり、カラーはブラック、レッド、グレー、ブラウン。3990円(画像クリックで拡大)

包帯の特性を活かして開発した素材・ブレスバンテージを使った包帯パンツ。昨年11月から先行販売しているユナイテッドアローズでは2カ月で600枚以上を販売。男性用下着としては異例のヒットとなり、1月30日から伊勢丹新宿店メンズ館でも販売を開始した。包帯パンツは衣料品企画のベンチャー企業・ログイン(東京・品川)が開発。同社の独自アンダーウエアブランド「志道(SIDO)」の第1弾商品として売り出した。包帯らしい柔らかさと伸縮性で、軽快にフィット。高い通気性で股間のムレを逃す快適な履き心地が受け、リピーターも多い。同社では包帯パンツに続き、ブレスバンテージを使った乳幼児、婦人向けの肌着などの開発も計画中。(文/上保文則)