リコーが10月23日に発売する全天球カメラ「THETA S」。ホワイトのイメージが強かった従来モデルとは対照的に、ボディーはブラックのみを用意。画質や性能に優れる上位モデルという印象を与える。実売価格は3万9000円前後

記事へ戻る(ページを閉じる)

360度の全天球写真が簡単に撮影できることで熱狂的なファンを獲得しているデジカメが、リコーイメージングの「THETA」(シータ)です。画素数を向上した最新モデル「THETA S」の実力をチェックしました。