スマホと組み合わせて撮る場合、バッテリーの持ちの悪さが気になる

 気になったのは、バッテリーの持ちだ。THETA SとiPhoneを接続して撮影したのだが、ライブビュー撮影をしていると両者ともバッテリーの消費が激しい。楽しいからどんどんシャッターを切ってしまうのだが、大容量のモバイルバッテリーを持ち歩いて撮影することをオススメしたい。

THETA S - Spherical Image - RICOH THETA

狭い室内でもワンショットで大勢の人物をカバーできるTHETA Sは、パーティーや忘年会、新年会で大活躍しそうだ。ミニ三脚とともにイベントに繰り出そう

THETA S - Spherical Image - RICOH THETA

THETA Sは旅の相棒にもいい。9月初旬に北陸を旅した時のカットだが、列車内と車窓の景色が面白い感じに撮れた。普通のカメラでは撮れない写真である

THETA S - Spherical Image - RICOH THETA

マンフロットのミニ三脚「PIXI」に装着して都庁前広場で撮影。ワンショットでこんなに広大な光景を撮れるのが、このカメラの魅力だ

THETA S - Spherical Image - RICOH THETA

THETA Sは解像度も増したが、高感度にも強くなっている。THETA Sを一脚に付けて夕方の新宿を撮影したが、なかなかの写りになっていると思う