TGS2015会場には、秋以降にリリースされる実り豊かな“新作”が目白押し。そして、今年は例年以上にコンパニオンさんが大豊作。そんな彼女たちを撮るのは、“見た目は草食、構図はちょい肉食”の稲垣純也カメラマン。彼にとって「稲刈り」とは、コンパニオンを撮ることにほかならない。皆さんに夢をお届けする「稲写」。第2弾をどうぞ。

トップを飾る、稲写お薦めの豊穣コンパニオン
[画像のクリックで拡大表示]