今回は、ドスパラ秋葉原本店にBTOパソコンを含む同社ブランドPCの売れ筋を取材した。ゲームやビジネスなど目的に応じてスペックがカスタムできるBTOマシンは以前から同店の売れ筋だが、最近はスペック固定のタブレット端末や超小型パソコンも人気を集めているという。最新OSのWindows 10が登場して1カ月経った現在、どのようなトレンドが生まれているのか。最新の売れ筋ランキングからひもといていこう。

●同店のパソコンの売れ筋ランキング
1位 Diginnos Stick DG-STK2 ドスパラ 1万4800円
モニターのHDMIポートに直差しする非カスタムの超小型モデルで、Windows 10 Homeを搭載する。Atom Z3735Fや2GBメモリー、32GB eMMCを備え、W40×D109×H18mm/約60gとなる。
2位 GALLERIA XT Windows 7モデル ドスパラ 12万9620円
デスクトップ型のゲーム向けBTOマシン。Core i7-4790と8GBメモリー、GeForce GTX 960を搭載し、ストレージは120GB SSDと2TB HDDを構成する。サイズはW207×D520.7×H450.2mm。
3位 Magnate IM Windows 7モデル ドスパラ 5万5980円
デスクトップ型ではコンパクトな汎用BTOマシン。Core i5-4590と4GBメモリー、500GB HDDを内蔵し、グラフィックスはCPU内蔵となる。筐体サイズはW190×D420×H360mmだ。
4位 Diginnos DG-M01IW ドスパラ 2万186円
バッテリーを内蔵し、約13時間駆動する非カスタムの小型モデルで、基本スペックは「Diginnos Stick DG-STK2」とほぼ同じとなる。本体サイズと重量はW116×D152×H15mm/約350gだ。
5位 GALLERIA QF960HE ドスパラ 13万2360円
15.6型フルHD液晶を搭載するノート型のゲーム向けBTOマシン。Windows 7とCore i7-4710MQ、8GBメモリー、120GB SSDなどを備える。本体サイズと重量はW383×D249.5×H37.6mm/約2.6g。

 定番のBTOマシンのなかに非カスタムの超小型パソコンが入り、多彩なジャンルが並ぶランキングとなっていた。また、OS別に見るとまだWindows 7のほうが優勢の様子だ。同店の江本和史店長は「ゲームや仕事用のアプリはまだWindows 10に対応していないものがかなりあるので、今のところは将来のアップグレードを想定しつつ旧OSを選ぶという人が多いですね。Window 7/8/8.1なら1年間は10へ無償アップグレードできることも、この傾向に拍車をかけていると思います」と語る。モデルごとの人気の理由は次のページから探っていきたい。

※参考…BTOパソコンの売れ筋

2013年12月 ドスパラ秋葉原本店
秋葉原のPCパーツ通りにあるドスパラ秋葉原本店。通りにはPCパーツや中古PCを扱うドスパラ パーツ館もある
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は、2015年8月25日14:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。