円安でさまざまなものが値上がりするなか、SDメモリーカードやUSBメモリーなどフラッシュメモリー関連商品は意外にも値下がりを続けている。アキバの激安ショップでは、64GBのmicroSDXCカードが2000円前後、USBメモリーは128GBの大容量タイプでも3000円台で買えるほどになった。

 消費者にとってはうれしい状況といえるが、専門店の店員は「間もなく値上がりに転じる可能性が高い。信頼できる製品を今のうちに買っておくのが賢い」と語る。なぜ今後値上がりすると予想するのか、目利きの店員が薦める激安メーカーはどこなのかを取材した。

円安で輸入品の価格が上昇するなか、メモリーカードやUSBメモリーだけは値下がりを続けている。32GBのmicroSDHCカードは999円、64GBの大容量microSDXCカードも2150円という安さで買える
[画像のクリックで拡大表示]
128GBのmicroSDXCカードは6000円割れの5999円にまで下がった。できるだけ大容量のカードが欲しい人は必見だ
[画像のクリックで拡大表示]
USBメモリーも安い。USB3.0対応の64GBモデルは、2000円を切る1999円で買える
[画像のクリックで拡大表示]