その「秘密のインナー」を服の下に着るだけでマッチョに見える…。上半身の“逆三角形と厚い胸板”を演出する「筋肉パッド」を内蔵した、いうなれば男性用の盛れる補正下着だ。「特に大きな勝算はないが作ってみた」というメーカーの予想に反し、この冗談みたいな商品が滑り出し好調という。企画開発したのは元ボディービルダー。なぜこんなモノを作ったのか? 男性心理に目をつけた商品企画のウラ側を探った。

着るだけで“たくましい男”を演出する秘密のインナー

 製造元プランドゥのモットーは、「ないものを創る」。「こんな商品あったらいいな」というひらめきや、「こんな商品作れませんか?」と寄せられるユーザーの声をもとに、主にお悩み解決をテーマにした美容・健康関連のオリジナル商品を通販・生協向けに企画開発している。

 膨大な数のアイデアから商品化まで実を結ぶ企画は年間で40本前後。「うち2つか3つは儲けをあまり考えずに、ちょっと面白いもん作ってみようよ、と乗り出す商品もある」(山中雅嗣社長)とのこと。

 例えば、コレだ。

 「肩、胸、背中の計6カ所に筋肉パッドを内蔵し、着るだけで筋肉が隆起しているような見た目を実現! 着るだけでたくましさを演出し、生地は極薄タイプなのでワイシャツの下に着ても目立たない!」とアピールする「ダンリッチ ストロングインナー」である。

プランドゥの新商品「ダンリッチ ストロングインナー」。肩、胸、背中の計6カ所にウレタン素材のパッドを内蔵することで、“オトコの逆三角形と厚い胸板”を演出する。男らしいアウトラインを違和感なく形成するのにこだわり、試作を10回ほど繰り返して完成させた。S~M(胸囲72~87cm)、L~LL(同86~101cm)を用意。1枚3800円、2枚組7500円。2015年5月発売
[画像のクリックで拡大表示]