本体デザインや操作系を一新したうえで、Eマウント機で初めてボディー内手ぶれ補正機構を搭載した「α7 II」。ボディー単体モデルの実勢価格は19万円前後

記事へ戻る(ページを閉じる)

今回のお題は、フルサイズのCMOSセンサーを搭載したソニーのミラーレス一眼「α7S」「α7 II」だ。α7Sの高感度性能を取るか、操作性を改善した新デザインのα7 IIを取るか悩ましいところだが、落合カメラマンの選択は…?