α7Sの超高感度撮影は、写真よりも動画のインパクトが圧倒的に強い

 そして、さっそく第二の結論である。α7 IIが登場し、α7R IIという超ド級モデルが発表され、おそらくは誰の頭の中にも「半年超1年未満のタイミングで『α7S II』が出るんじゃね?」との確度の高そうな妄想が駆け巡っているハズのこの段階で、な、なんと私はα7Sを買ったのでした~。パチパチ~(拍手)。

 笑いたければ笑うがいいさ。「S」はいま買っておくべき! 直感的にそう思ってしまったのだから仕方ねぇ。先に述べたとおり、「II」のナイスバディ化は正直さほど気になっていないのだが、唯一くやしいというか、悩みに悩んだのは、ボディー内手ブレ補正機能の装備がない(新型が出るとすればきっと装備してくるであろうと想像できる)ところ。そこに関しては「ボディーが少しブ厚く重くなるからねぇ」とか「構造的にはシンプルな方が安心じゃなぁーい??」ってな半ば強引な理由づけで我が心を落ち着けることにした。でも、手ブレ補正機能を持たない単焦点レンズを使っている時の安心感にはやっぱりチョイ欠ける。そこんところは認めざるを得ない。

 なにゆえα7やα7Rを選ばずα7Sだったのかといえば、α7Sのトンガリ具合が絶妙だったからにほかならない。まずは、高感度を重視していることが明らかな突き抜けた存在感は誰もが知るところである。そこが私の人生観、というか嗜好にドンピシャなのだ。さらに、バッテリーを2個同こんするとか、それに関連してシリーズで唯一バッテリーチャージャーが付属してくるとか、完全無音撮影が可能なサイレント撮影設定が搭載されている、画素数が一番少ないくせに実勢価格は兄弟の中でいちばん高い(α7やα7Rとの比較ではもちろんα7 IIよりも高価)…これら他の兄弟とは明らかに一線を画する独自のスタンスに、ヘソ曲がりセンサーがピピッと反応したのである。

 超高感度画質は確かに良い。でも、目が慣れてしまっているせいか、超高感度撮影をした写真の仕上がりにそれほどのインパクトは感じず、どこか「フツーの仕上がり」に見えてしまうところがジツにぜいたくである(実際にはけっこうスゴイ仕上がりなのだが)。とかナンとかいいながら、α7Sの購入を後押ししたのが「α7Sならでは」な暗所撮影能力にあったことも紛れもない事実。どういうコトかというと、写真ではなく超高感度を活用して撮った動画(映像)に他を寄せ付けぬ強大なインパクトがあったのだ。α7Sは、そこいらのビデオカメラでは得られない「明るさ」をきわめて簡単に掌中に収めることができるカメラだったのである。

私が愛用している「Handycam HDR-CX900」は、1型センサーを搭載するビデオカメラで、暗さに比較的強いモデル。その最高感度(+33db)で撮ったのがコチラ。スローシャッターを選べばもっと明るく撮ることは可能も、ここでは通常の1/60秒固定で撮影
こちらは、α7SのISO102400(常用最高感度)で撮影したもの。点在する水銀灯の明かりを拾い樹木を明るく再現していることに加え、空の右端には瞬く星も見えている。動画撮影機としての「明るさ」の差は歴然だ。シャッター速度は同じく1/60秒固定。ISO拡張領域なら、ISO204800やISO409600で動画撮影することもできる

 暗所撮影時のAFにも満足だ。「画質的に暗さにメッポー強い」のに「暗いところではピントが拾えない」などといったアンバランスさを感じさせることはほぼなく、暗所における動画撮影時に不用意にAFが暴れることもない。動画撮影時にピントが拾えなくなったときは、無闇にスキャンしようとはせず、ピントがつかめるようになるまでじっと待っているようにも思える動作なのだが、それが結果、動画撮影時の安定したAF感触につながっているような気がする。イイ感じだ。

 シャッターを切ったとき、接眼部に押しつけている眼窩周辺やカメラを支える手のひらにしっかり伝わってくる機械的な“手応え”や、耳に届く大きめな「音」に関しては、一見さんの立場で触れているときには決して良い印象に結びつくものではなかった。でも、自分のカメラとして長時間、手にするようになって以降“カメラの感触”としてはけっこうイケてるんじゃないかという気もしてきている。1枚1枚スローなリズムでゆっくり撮っていると、高校生のころに憧れたニコンF2フォトミックで写真を撮っているような気分になれる…というのは、オッサンのシアワセな誤解であるような気がするけれど、ISO感度6桁レベルの超高感度で攻撃的に被写体を捉えるのみならず、ゆったり丁寧に写真を撮ること(連写に頼らず真摯な姿勢で撮ること)までもが楽しいという、多面性を持つカメラであるということに気づけたのは大きな収穫だったように思う。

 α7 IIやα7R IIでは、静音化と低振動化が積極的に推し進められているようなので、初代三兄弟の音や感触にネガな意見があったのであろうことにも想像は難くない。「α7S II」が出るとするならば、おそらくは同じ「対策」が施されてくるはずだ。そして、画素数の向上(1600万画素程度?)と高感度領域のさらなる拡張(常用ISO204800の実現!?)の両立もあるハズ。もちろん、ボディー内手ブレ補正機能の装備とファストハイブリッドAFの搭載にも期待したいところ。ドーンといきなり“向こう側の世界”に行ってしまったかのようなα7R IIとオールマイティさに磨きをかけてきたα7 IIの存在を考えると、「S」のII型はもっともっと鋭利に尖らせなければならないのだ。触れればスパッと切れちゃうぐらいの“キケンなヤツ”になっていないと、せっかくの「S」の存在価値が薄れてしまうからである。

ISO6400で撮影。この程度の高感度など朝飯前とでもいいたげな「普通の仕上がり」がニクい。超高感度域においても階調に破綻を見せない画作りにも、α7Sのありようがにじむ(α7S+FE28mmF2使用、ISO6400、1/60秒、F2.0、-1補正)
[画像のクリックで拡大表示]
ISOオートで導かれた撮像感度はISO40000。奥行きの描写(ピントの外れ度合いが異なる部分の再現)や闇に溶けそうな部分の再現が非常に丁寧なのが分かる(α7S+FE24-240mmF3.5-6.3 OSS使用、ISO40000、1/80秒、F5.6、-1補正)
[画像のクリックで拡大表示]
画素数だけを見ると、今の時代、さしたる理由もなく“不足”を叫ばれることがないともいえないα7Sなのだが、描写そのものに不満を感じることは皆無であるばかりか、リアルな描写に感心させられることも多い(α7S+FE24-240mmF3.5-6.3 OSS使用、ISO800、1/250秒、F6.3)
[画像のクリックで拡大表示]