ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏による連載。今回はアマゾンの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を取り上げる。多くの人がスマートフォンやタブレットを持っている昨今、あえて専用端末を買う理由はあるのか?

 アマゾンのオリジナル電子書籍リーダーに新モデルの「Kindle Paperwhite」が登場したので早速お借りしてみた。現在は多くの人がスマートフォンを持っているし、タブレットが使える人も少なくない。にもかかわらず、本を読むために専用の端末をあえて買う必要があるのだろうか? そんなことを考えつつレビューしていく。

 さて、Kindle Paperwhiteのサイズと重量は、169×117×9.1mm、217g(Wi-Fi+3Gモデル)、205g(Wi-Fiモデル)となっている。十分にコンパクトだし軽い。液晶サイズはちょうど文庫本程度なので、テキスト中心の本を読むのには頃合いだ。ただし、幅が広いのでスマートフォンのようにポケットに入れるのはちょっと厳しい。あくまでもかばんに入れて使うべき端末だろう。また、この軽さなら手に持って使っていても負担は小さい。

コンパクトなKindle Paperwhite
[画像のクリックで拡大表示]
iPad Air 2と比べると小さいことがよく分かる。さほど薄くないのが残念なところ
[画像のクリックで拡大表示]