【小沢コージの勝手なる提言】思い切って海外に輸出してみれば?

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ラパンに乗ったあと、海外事情に詳しい先輩自動車ライターと話をした。

 これってヨーロッパじゃ絶対やらないデザインですよね? と聞いたときだ。

 「ヨーロッパ人には作れないというか、作れても絶対作らないね」との返事があり、でもウケると思いません? と聞いたら

 「ウケると思うよ。ホント、海外に出してみたらいいのに」と返ってきた。

 まさしくその通り。海外、特に欧米では「カーデザインとはこうあるべきだ」という固定観念が非常に強く、ウケると分かっていてもこの手のファンシーデザインは絶対に自動車でやってこない。多少はBMWミニやフォルクスワーゲン「ザ・ビートル」が取り入れているとはいうものの、それでもラパンほどの脱力系デザインは無理。

 だが海外で“心の優しいニッポン女性”がウケるように、この手は欧米はもちろん、アジアでもありだ。早く韓国車や中国車が手を付ける前に、自らのお宝デザインに気付いて海外進出すべきだと思う。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]