もうハイブリッドなんか要らない! 圧倒的低燃費

 なにより驚いたのは実燃費の良さだ。渋滞度にもよるが、とにかく街中を普通に流して走っているとすぐに20km/Lを超える。運良く時速60km前後で止まらずに走れればラクに25km/Lを超えてしまうだろう。

 高速も、今回横浜のベイサイドマリーナからすぐに首都高に入り、大黒ふ頭まで約30km往復したらなんと23.7km/L! ハッキリ言ってハイブリッドなんか全然要らないなぁ…と思えるビックリ高性能である。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

ハイテク安全は全車標準装備

 加えていまや常識になりつつある衝突被害軽減ブレーキなどのハイテク装備、スズキでいう「レーダーブレーキサポート」や「誤発進抑制機能」「エマージェンシーストップシグナル」や横滑り防止の「ESP」は全車標準装備。

 前述した女性ウケ機能とも言うべき「ナノイー搭載フルオートエアコン」を「X」グレードが標準装備し、「プレミアムUV&IRカットガラス」を「G」以外が標準装備し、「シートヒーター」も寒冷地仕様とも言うべき4WD車を中心に装備する。このあたりの充実ぶりはさすがに日本が誇る女性向けキュートカーだ。

「レーダーブレーキサポート」を全車標準装備
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
センターコンソール下側にUSB端子、シートヒーターのスイッチが付いている
[画像のクリックで拡大表示]
「エマージェンシーストップシグナル」
[画像のクリックで拡大表示]
「プレミアムUV&IRカットガラス」は「G」以外で標準装備
[画像のクリックで拡大表示]
「ナノイー」搭載フルオートエアコンを、「X」には標準装備
[画像のクリックで拡大表示]