「KIMO TIP(キモチップ)」全4種類、各50枚綴り、各340円。W90×H40×D5mmで、長財布ならすっぽり入るサイズ。同社の通販サイトからも購入できる(画像クリックで拡大)

 2015年3月9日にハイモジモジ(東京都三鷹市)が発売したメモ用紙「KIMO TIP(キモチップ)」が売れている。

 KIMO TIPは“気持ちをはずむチップ”の略で、例えばレストランで食事し、料理のおいしさやサービスに感動したときに、さりげなく感謝の言葉を伝えるためにテーブルに残していくなど、気持ちを伝える目的で作られた。

 あらかじめ「有難うございました」「ご馳走さまでした」「美味しゅうございました」というメッセージが印刷されたタイプと、自由に書ける文字なしの計4種類。「小切手のようなデザインで、ミシン目が入っているので、ピッと小気味よくちぎることができます」(ハイモジモジ代表・松岡厚志氏)。

 利用者からは「こんなものが欲しかった!」といった声が届いており、3月11日~3月16日まで日本橋三越本店で開催された「紙モノ」文具の販売イベントや、4月16日~5月31日に東京駅前のKITTEで開催されたベンチャー文具メーカーが集まる「NEXT文具セレクション」でも評判を呼んだ。飲み会の幹事に感謝の言葉を伝える、合コンやパーティで出会ったお目当ての相手に、自分の携帯番号をさりげなく書いて渡すなど、さまざまなシーンで活躍しそうだ。

(文/志水京子)

関連リンク