「かわいいスクール水着」を着る20代、30代の女性が増えている

 「かわいいスクール水着シリーズ」の第1作(2013年発売)と第2作(2014年発売)は、いずれもフリルをあしらい、レジャー水着のようなかわいらしさを学校用の水着で表現した「今までにないスクール水着」(同社)だ。この春、同シリーズ3作目を発売したが、前2作とも定番商品として販売を継続している。

 1作目は腰まわりの二重のヒラヒラスカートが特徴的なワンピース水着。かわいらしく見せかけて腰のラインをうやむやにする戦略である。詳細は取材記事「着る人を選ぶ!? オトナの女性もターゲットにしたワンピース型スクール水着」をぜひご覧いただきたい。

「かわいいスクール水着シリーズ」の第1作(2013年4月発売)、「ダブルフレアスカートワンピース」。現在も堅調に売り上げを伸ばしている。価格は5250~6825円。右写真は背面
[画像のクリックで拡大表示]

 2作目は体のラインをすっぽりカバーする洋服みたいな水着。Aラインのスカートでお腹とお尻をかわいく隠し、スカートがめくれても股下のあるパンツで太ももを隠すという二重作戦!なのだ。洋服でいうと、長めのキャミやチュニックを着て、その下にスパッツ(レギンス)をはく、あのスタイルのイメージ。「思春期の女の子にとって水着を着るのは心理的ハードルが高い。普段着ている洋服の感覚でそのまま水に入れる版、みたいな水着」(広報担当・吉河祐子さん)を狙った。詳細は、取材記事「水着のハードルを下げた!? “洋服みたいな”スクール水着が登場した背景」をぜひ楽しくご覧いただけたらと思う。

「かわいいスクール水着シリーズ」の第2作(2014年4月発売)、「ダブルフリルスカート水着」。価格は5700~7200円。右写真は背面
[画像のクリックで拡大表示]

 さあ、この「かわいいスクール水着」を着る20代、30代の女性が増えているというのだ!