「四輪車」という言葉があるように、自動車のタイヤは4つだ。トラックやダンプカー、トレーラーなどでは六輪や八輪、あるいはもっと多い場合もある。これは重量物を運ぶために、タイヤひとつあたりで支える重さを小さくするという意味がある。

 逆に二輪だとオートバイで、四輪車とは別の乗り物になる。ここで“中途半端”な存在として浮かび上がってくるのが三輪車。日本では1950年代から60年代にかけて、オート三輪と呼ばれる三輪のトラックが多数走り回っていたが、現在は姿を消している。なぜ三輪の自動車はほどんどなくなってしまったのだろうか。

1950年代から60年代にかけてが最盛期

 この事情は割と簡単だ。三輪は四輪よりも安定が悪く、ひっくり返りやすいのである。特に、荷物を多く積むために車体を前後に長くした場合に安定性の悪さが顕著になる。

 にもかかわらず、かつてダイハツの「ミゼット」やマツダの「T2000」といった三輪トラックが存在した理由は、法制度にある。

 まず第二次世界大戦以前、排気量の小さな三輪車は無免許で運転できた。このため、戦前から三輪の小型トラックが誰でも使える簡便な輸送手段として使われてきた。戦争中は三輪トラックは途絶えたが、敗戦後にまた復活した。

 1947年(昭和22年)に免許制度が変わり、三輪車も免許が必要ということになった。その一方で、それまで750ccまでに制限されていたエンジン排気量が1000ccまでに拡大された。さらに1951年には、オート三輪に対する車体寸法や排気量の制限が撤廃された。一方で四輪自動車の制限は継続したため、三輪自動車は制度上大きく有利になった。これにより、三輪トラックの黄金時代が到来した。敗戦後の旺盛な物流需要を、三輪トラックが満たすようになったのだ。

 前1輪、後ろ2輪の三輪自動車は、ステアリングの機構が簡単なので、低コストで作ることができる。しかも最小回転半径が小さくて小回りも利く。安定が悪いという欠点も、そんなにスピードを出さなければ目立たない。

 これらの事情が重なって、マツダの「T1100~T2000」、ダイハツの「ダイハツ号」、新三菱重工業水島製作所(現三菱自動車)の「みずしま号」「三菱号」などのオート三輪が盛んに生産されるようになった。1962年に発売されたマツダT2000に至っては、排気量2000ccの4気筒エンジンを搭載し、最大速度時速100km、最大積載量は2トンにまで達した。

 1950年代後半になると、今度はエンジン排気量360ccの軽自動車規格のオート三輪が爆発的に普及した。ダイハツ「ミゼット」((1957年発売)の登場だ。オート三輪というと、このミゼットが思い浮かべる人も多いだろう。

 それまでも、軽規格のオート三輪は小さなメーカーから発売されていた(この当時、自動車メーカーは日本全体で30社以上あった)。が、それらに対してミゼットは耐久性に優れ、しかも安かった。おりしも始まったテレビ放送で大々的にコマーシャルをうったこともあり、ミゼットは大ヒット商品になった。すると、マツダもK360(1959~1969)を発売し、1960年代初頭は軽オート三輪全盛期となった。

 しかし、オート三輪の命運もここまでだった。道路が整備されたことで自動車の平均速度も上がり、トラックがより長距離の輸送に使われるようになったのである。安定性に欠けるオート三輪はそんなに高速で走れず、また長距離を走るのにも向いていなかった。軽トラックの世界でも、1961年に富士重工業が軽四輪トラック「サンバー」を発売、本田技研工業も1963年に軽四輪トラック「ホンダT360」で四輪市場に参入、時代は急速に四輪車へと移行していった。

 それでも小回りが利くという利点に対する需要は根強く残り、ミゼットは1972年、T2000は1974年まで生産されていた。


クルマとクルマ社会の未来が
見渡せるサイト「Car&Mobility」が始まりました。


「Car&Mobility」サイトでは、クルマをはじめとする交通・移動手段についての幅広い情報をお届けします。クルマの美しさや知的エピソードを語る連載「小沢コージのビューティフルカー」に加えて、新車発表会レポート、開発者インタビューなどクルマ好きの琴線に触れるコラムをたくさん用意してお待ちしております。