大型の液晶には不満なし、ただし……

 IGZOが採用された液晶は13.3型と、携帯ノートとしては大きい。解像度は2560×1440ドットだ。タッチ非対応のHZ550/AABは、アンチグレアなのもうれしいところ。見た目の派手さはないが、仕事に使うなら映り込みが少ないのがいい。実物を目にするとやや暗く感じるが、実用性は十分だ。この程度の落ち着いた明るさのほうが疲れにくいと個人的には思っている。

 気になるのが縦横比だ。最近はiPadやSurfaceなどがヒットしているが、この手のモデルを使ってみると、非ワイドの使い勝手の良さが実感できるだろう。そもそもデスクトップパソコンのディスプレイがワイドになったのは、パネルの製造効率を優先した結果だ。画面の縦横比はA4用紙に近いほうが使いやすく、実質的に書類を大きく表示できる。携帯ノートも非ワイドの方向に向かってほしいところだ。

HZ550/AABの液晶は180度開くが、タッチ操作には対応していない
[画像のクリックで拡大表示]