シンガポールで28店舗を展開している人気カフェ「tcc」の海外初進出店が、2015年2月16日、東京・銀座にオープンした。飲食品商社ユニコ・ジャパンインターナショナル(千代田区)が5年がかりで準備を進め、tccを運営しているシンガポールのSarika Connoisseur Cafe Pte Ltd.との提携を実現させたという。

 tccはシンガポールのガイドブックに必ずといっていいほど載っている定番スポットで、観光客にも地元民にもなじみ深いローカルチェーン店。人気の理由は、産地を限定した豆を使ったコーヒーや生クリームたっぷりのラテメニューに加え、本格的なステーキやシーフード料理まで楽しめること。

 “カフェなのに何でもあり”がtccの魅力といえそうだが、銀座店ではカフェメニューを提供する「tcc カフェ&レストラン」(3階)と、ステーキやシーフードメニューを提供する「tcc ステーキ&シーフード」(4階)の2フロアに分かれている。「世界一の美食都市と言われる銀座では、カフェスタイルの店で本格的なステーキを楽しんでもらうのは難しい。本格的な料理を食べるのにふさわしい雰囲気が必要と考え、2フロアに分けて全く異なるインテリアにした」(ユニコ・ジャパンインターナショナル 事業開発室 関泰信ゼネラルマネージャー)。

 世界各国のレストランが集まっている銀座には、シンガポール政府公認のシーフードレストラン「シンガポール・シーフード・リパブリック」や、8種類の小籠包が人気の「パラダイスダイナシティ」など、シンガポールの人気料理店がすでに存在する。そうした人気店に対抗するための、同店の“売り”は何なのかを探るべく、オープン直前の同店を訪ねた。

「tcc カフェ&レストラン」 「tccステーキ&シーフード」(中央区銀座5-9-1 銀座幸ビル 3・4階)は、晴海通りをはさんで三越の斜め向かいという好立地
[画像のクリックで拡大表示]
カジュアルな雰囲気ながら、高品質なコーヒーを提供するための本格的なツールやマシンが目立つ「tcc カフェ&レストラン」
[画像のクリックで拡大表示]
テーブルもカフェよりやや広め、落ち着いた雰囲気の「tccステーキ&シーフード」。天井にはボードゲーム「バックギャモン」のモチーフを使っている
[画像のクリックで拡大表示]
3階、4階ともに窓から銀座4丁目の交差点が見下ろせ、銀座のシンボル・和光と三越も間近に見える。夜景も格別だという
[画像のクリックで拡大表示]