【おまけ】カクノに負けない“激安スゴ腕万年筆”を追加!

 以下の2本は、前回の記事「厳選! 5000円未満でも大満足の“激安スゴ腕万年筆”」以降に筆者が見つけた“激安スゴ腕万年筆”。カクノと同様に最初の一本としておすすめしたい。

ペリカン「th.INK」

ペリカン「th.INK」(2000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 「th.INK」と書いて「シンク」と読む。カジュアルな三角軸の万年筆で、いかにも安価な普段使いという感じだが、これがなかなか侮れない。

 まず書いてみればすぐに分かる、万年筆らしいしっとりした書き心地が気持ち良い。モダンなデザインなのに、紙へのタッチの柔らかさやペン先の引っ掛かりのなさは、伝統的な万年筆を思わせる書き味。カクノと同様、ボールペンなどとは全く違う万年筆らしさを感じさせてくれる。

 三角軸の親指と人さし指がかかる部分に貼られたラバーがグリップの役割を果たし、とても握りやすいのもポイント。軸色は基本黒だが、ラバーの色がバイオレットのタイプもある。ペン先はF(細字)だが、国産のM(中字)くらいの太さだ。

キャップの開け方が特殊で、写真のようにキャップの後ろを指で押すようにすると簡単に外せる。普通に引っ張ってもとても固くて外せない
[画像のクリックで拡大表示]
ペリカンの低価格万年筆の中では飛び抜けて書き味が良い
[画像のクリックで拡大表示]

カキモリ「透明軸の万年筆」

カキモリ「透明軸の万年筆」(3000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 セーラー万年筆の「プロフィットJr透明感」をベースに、金属部分をゴールドにした別注モデル。コンバーターが付属していて、好きなボトルインクを最初から使えるように作られている。インクを楽しむための万年筆なのだ。

 ペン先は硬めで、太さはFM(細中字)。細い文字をスムーズに書けるため、普段のノートや手帳などに、ボールペンのように書き込める。透明軸は入れたインクの色が外から見え、残量が分かりやすい。最初の一本として、とても良くできた万年筆なのだ。

透明軸にコンバーターという組み合わせで、いろんなインクを楽しめる。キャップはねじ式で筆記時は後ろにかぶせて使う
[画像のクリックで拡大表示]
ペン先はこの価格帯としては大きい。ペン先のすぐ後ろの部分に入っているインクの色が見えるのも透明軸ならでは
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/納富廉邦)