1万円ならこれ!

プラチナ万年筆「#3776 センチュリー」

プラチナ万年筆「#3776 センチュリー」(1万円)
[画像のクリックで拡大表示]

 富士山の標高から名前を取った、プラチナ万年筆を代表するシリーズの一つ。万年筆コレクターでもあった作家の故梅田晴夫氏を中心とするグループによる「理想の万年筆を作るプロジェクト」から生まれたのが同シリーズの始まりだ。

 この#3776 センチュリーはその流れをくみ、価格のわりに大きくてしなやかでとても書きやすい14金のペン先を搭載。持ったときの重さのバランスの良い万年筆に仕上がっている。筆圧の細かい変化に敏感に反応して変化のある文字が書けるのも、大きめのペン先の威力だ。

 また、キャップには同社オリジナルの「スリップシール機構」を搭載。インクの水分の蒸発を限りなく抑え、しばらく放置していてもキャップを外せばいつでもスムーズに書き始められる。コンバーターを使ってボトルインクを入れて使えば、インク詰まりなどのトラブルも減り、いつでも快適に書けるのだ。

 ペン先も超極細、極細、細字、細軟、中字、太字、極太と多彩にそろっているので、手帳用から宛名書き、サイン用まで用途に合わせて選べる。軸の色もブラックインブラック、シャルトルブルー、ブルゴーニュの3色から選択可能。1万円を超えるクラスは壊れても修理して一生使い続けられるクオリティになるので、色やペン先もじっくりと選びたい。

キャップはネジ式。筆記時は後ろにかぶせて使うオーソドックスなデザインだが、キャップには「スリップシール機構」が搭載され、半年程度でインクが乾いてしまうことはない
[画像のクリックで拡大表示]
ペン先はこの価格帯の万年筆にしては大きめ。#3776、14K、中字、といった刻印が見える。つまりペン先を見れば、この万年筆のスペックが分かるのだ
[画像のクリックで拡大表示]
筆記時にネジ部分が指に当たるので、気にならないかどうか実際に書いて試してみよう。意外に気にならないものだが、個人差がある。とても万年筆らしい書き心地のペンなので、万年筆が自分に向いているのかを試せるぺンでもある
[画像のクリックで拡大表示]