シェーファー「シェーファー100」

シェーファー「シェーファー100」(5000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の特徴は、ずっしりと手応えのある金属製の軸。この重さによって、カクノの軽い樹脂軸とは全く違った筆記感を味わえる。ほとんど筆圧をかけずにスラスラと書ける万年筆の良さは、こういう少し重いペンのほうが分かりやすい。ペンの重さだけで書けるので、筆圧をかける必要がないのだ。

 もちろんカートリッジインクは使えるが、ボトルインクが使えるコンバーターが付属しているのもポイント。自分でインクを注入するという万年筆ならではの操作ができるようにしているのは、“万年筆らしさ”をウリにしているからだろう。

 ペン先は硬めで、多少の筆圧をかけても大丈夫。慣れるまではボールペンのように使え、慣れてくると筆圧をかけずに書けるようになる。その意味では、万年筆の書き方を覚えるのに適したペンともいえるだろう。

 カラーバリエーションも豊富。スタンダードな印象のブラッシュトクロームから、ツートンカラーが栄えるレッドトランスルーセントやブルートランスルーセントまで、同じペンとは思えないほど印象が異なるのも面白い。ペン先はF(細字)とM(中字)から選べるが、日本製に比べると線は太めなので、試し書きしてから購入するのがおすすめだ。

キャップを後ろにかぶせて使うように設計されているが、筆記時にキャップがカラカラと動くことがあるので、個人的にはキャップを付けずに使いたい
[画像のクリックで拡大表示]
海外製品らしい模様が刻印されたペン先。硬めで多少ラフに書いても大丈夫
[画像のクリックで拡大表示]
軸色は多彩。左から、レッドトランスルーセント、マットグレー、グロッシーブラック、マットブラック、ブルートランスルーセント。このほか、ブラッシュトクローム、グロッシーピンク、グロッシープラムもある
[画像のクリックで拡大表示]
おしゃれなデザインとタフな書き応えが特徴。持ち歩いて日常的に使うのに向いている
[画像のクリックで拡大表示]