毎週、新しい作品が封切られていく映画界からは、監督、プロデューサー、脚本家など、光輝くさまざまな才能が生まれている。若手女優も、例外ではない。吉永小百合や大竹しのぶ、桃井かおりといった往年の大女優たちにも、まぶしいくらいのオーラを発する若手時代があった。

 では2014年はどうだったのか。ここではブレークした、あるいはその片鱗を見せた若手女優のなかから、小松菜奈、高橋メアリージュン、門脇麦、山本美月、清野菜名、中条あやみ という6人を紹介していく。近年の特徴の1つとして、モデルとして活躍中の女優が多い。また、演じる役がヒロインばかりとは限らず、悪役を演じて個性を発揮している若手がいるのも特徴。

 2015年以降、この中で頭ひとつ抜け出すのは誰なのかにも注目しつつ、見ていこう。