具の大きさ、ご飯の色に違いがある

 第4回を迎えたコンビニ食品実食テスト。おにぎり編の最終回となる今回は、炊き込みご飯を使った鶏五目おにぎり対決をお届けする。大手コンビニ3社の商品を買い集め、味香り戦略研究所による味覚分析と、食のプロによる実食テストでおいしさを徹底比較。おいしさのランキングを決定する。だしと具材の味が決め手の定番人気おにぎりで、一番おいしいのはどれだ?

 実食するのは以下の3商品。

●セブン-イレブン「直巻おむすび とり五目」(112円)
●ローソン「鶏五目おにぎり」(119円)
●ファミリーマート「直巻 とり五目」(112円)

 3商品とも鶏肉、ごぼう、人参、たけのこ、椎茸を具材とする五目ご飯。海苔が最初から巻いてある直巻きタイプという点も共通だ。そのため見た目にはあまり差がないと思われるかもしれないが、じっくり観察すると具材の大きさに違いが見られ、セブン-イレブンがもっとも大きいと感じた。また、ご飯の色にも差があり、見比べるとファミリーマートの色が一番濃いことが分かった。

 見た目以外では、ローソンだけがもち米入りの炊き込みご飯という点に注目したい。もち米が入ると食感や味にどのような違いが出るのだろうか?

 では早速、味覚分析や実食テストの結果を見ていこう。鶏の旨味など味の要素に加えて、具材の存在感やご飯の硬さがどのように評価されるかがポイントだ。なお、ファミリーマートの鶏五目は実食テスト後の11月11日にリニューアルをしており、現在の商品とは味などが少し異なる可能性がある点はご理解をいただきたい。

セブン‐イレブン
「直巻おむすび とり五目」
具材が大きいのが特徴。パッケージにも“鶏肉と野菜の旨み”の文字が入る。価格112円。カロリー199kcal、Na量660mg
[画像のクリックで拡大表示]
ローソン
「鶏五目おにぎり」
唯一、もち米入りの炊き込みご飯を使用。価格も119円と、わずかな差だが一番高い。カロリー184kcal、Na量620mg
[画像のクリックで拡大表示]
ファミリーマート
「直巻 とり五目」
5種類の具材を甘辛く炒め煮にして、ご飯と混ぜあわせている。ご飯の色が一番濃い。カロリー192kcal、Na量558mg
[画像のクリックで拡大表示]
実食テストは11月7日に、東京・港区にあるコンビニ各店で購入したおにぎりを使用して行いました。審査員にはどこのコンビニか分からないブラインドで実食してもらい順位をつけてもらいました。おにぎりの製造メーカーの違いやリニューアルなどで味が変わる可能性がありますので、今回の味覚分析や実食テストの内容と実際の商品の味や仕様が異なることがあります。また、実食テストの感想はあくまで個人の意見です。