今年の年末年始は曜日の並びがよく、長期の旅行や帰省に備えてデジカメの新調を考えている人も多いだろう。

 デジタル一眼で人気が急上昇しているのが、ニコンの「D5300」だ。価格.comの一眼カメラの売れ筋ランキングでは過去最高の3位に上昇し、品薄が続くキヤノンの高性能デジタル一眼レフ「EOS 7D Mark II」や、人気シリーズの小型モデル「EOS Kiss X7」に迫る人気を獲得している。

年末に向けて好調なセールスを記録しているニコンの「D5300」。下位モデル「D3300」よりも装備が充実していることが評価され、より低価格に入手できるD3300よりも人気は高い
[画像のクリックで拡大表示]

 D5300を含む入門者~中級者向けのデジタル一眼では、基本的にズームレンズ2本付きモデルの人気が高い。D5300も、ズームレンズ2本付きのダブルズームキットは売れ筋ランキングが3位と人気だが、レンズ1本で幅広いズームレンジに対応する18-140 VRレンズキットも12位と健闘している。

 価格.comの口コミ掲示板を見ると、「どちらのキットを買うのがお薦めですか?」という口コミがとても多く、キットモデル選びに悩んでいる人の多さがうかがえた。どちらも一長一短があることから、なかなか決断できない人も多い。それを受けて、熱心なカメラファンのアドバイスを基に構成した「勝手キットモデル」(詳しくは後述)が考案され、存在感が高まっていることが分かった。