タワーマンションが林立し、東京都心に近いベッドタウンとして若いファミリー層の流入が著しい武蔵小杉(川崎市中原区)に2014年11月22日、大型商業施設「グランツリー武蔵小杉」がオープン。

「グランツリー武蔵小杉」は東急・JR武蔵小杉駅から徒歩4分。地上4階・地下2階建てで1~4階が店舗、地下1~2階が駐車場(約820台)
[画像のクリックで拡大表示]

 セブン&アイ・ホールディングスが手がける同施設は、売り場面積約3万7000平米に160店舗が出店。「イトーヨーカドー」を核テナントに、「西武・そごう武蔵小杉SHOP」「アカチャンホンポ」「ロフト」「フランフラン」「タワーレコード」など、セブン&アイグループの専門店が勢ぞろいした。

 さらに、子供の記念日などに利用できるフォトスポットや広々としたベビールーム、パーティーなどに使えるレンタルスペースを設けるなど、2世代・3世代ファミリーを意識した施設となっている。

 メインターゲットは武蔵小杉のタワーマンションに住む、子育てにも仕事にも一生懸命で、都心のショップでの買い物が大好きな“ムサコママ”。はたして、グランツリー武蔵小杉はムサコママのお眼鏡にかなうのか?

「西武・そごう武蔵小杉SHOP」「ロフト」「フランフラン」「アカチャンホンポ」などセブン&アイグループの専門店が勢ぞろい
[画像のクリックで拡大表示]
2階と3階にフォトスポットを設置
[画像のクリックで拡大表示]
レンタルパーティースペースは3ブースあり、料金は1ブース2時間半で1000円。1ブースあたり16席程度
[画像のクリックで拡大表示]
ベビールームは1~4階の各フロアにある。授乳室は個室のほかにオープンなスペースを広く確保し、順番待ちが減るように配慮したという
[画像のクリックで拡大表示]
4階にはサンリオとコラボしたベビールームも
[画像のクリックで拡大表示]
屋上には約4300平米と、商業施設では日本最大級の屋上庭園がある
[画像のクリックで拡大表示]