11月5日、ディスカウントストアで有名な「ドン・キホーテ」から、7型のディスプレイを搭載するAndroidタブレット「カンタンPad(感嘆パッド)」が発売された。特徴はなんといっても5950円(税込み6458円)という破格の安さだ。PCメーカーの7型Androidタブレットは安い物でも1万円台前半なので、その半額というのはかなりのインパクトだ。果たしてこの激安タブレット、本当に使いものになるのか? 早速買ってきて試してみた。

5980円という驚異の安さ! ドン・キホーテグループのプライベートブランド「情熱価格」の7型Androidタブレット「カンタンPad(感嘆パッド)」。型番はRM-AT701
[画像のクリックで拡大表示]