利用できる機能は「30〜40%」だが、さほど困らない

 一方、Wordではグラフが挿入できないのはとても残念だ。パソコンソフトのOfficeでは、Wordにグラフ作成機能があるだけでなく、Excelで作ったグラフをWordに貼り付けることもできる。ところが、Office Onlineではどちらの作業もできない。ローカルのWordで貼り付けていたグラフは表示されるものの、画像データとなるので編集も不可能だ。PowerPointも、利用できるアニメーションの種類が少ないなど、できないことを数え上げたら切りがない。

 すべてを数えてチェックしたわけではないが、機能をチェックしていくと、Office Online は、パソコンソフトのOfficeの30〜40%程度の機能しか利用できないように感じた。これは、できる、できないだけでなく、機能の内容までを含めた感想だ。

 とはいえ、その30〜40%が、実はよく使う機能。こういうアプリだと割り切ってしまえば、さほど困ることはないだろう。しかも無料で使えるのだから、文句は言えない。何しろ「Chromebook」でも使えてしまうのだから恐れ入る。iPadでもテストしてみたが、たまに不正終了する以外、普通に使えてしまったのには驚いた。

 会社のパソコンでは「Office 2013」などを利用し、自宅ではOffice Onlineという使い方も十分にあると思う。あまり利用する機会がない人にとっては、機能面である程度の我慢をしても“無料”というメリットは大きいはずだ。

ExcelOnlineでもグラフを作成、編集できる。Excel 2013のファイルの再現性も高い
[画像のクリックで拡大表示]
Excelの関数はほとんどが利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
PowerPointのテーマは数が少ない。またアニメーションも数が限られる
[画像のクリックで拡大表示]
Chromebookでも使えるのだから、ぜいたくは言えない
[画像のクリックで拡大表示]

著者

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれのビジネス書作家。著書は120冊以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。ユーザー視点の辛口評価が好評。近著に、『ここで差がつく! 仕事がデキる人の最速パソコン仕事術』(インプレス)がある。
Facebook: https://www.facebook.com/toda001