使い勝手はまさにOfficeでうれしい

 オンラインでの編集を選ぶと、従来のOfficeそっくりの画面が表示されてちょっと驚く。レスポンスも悪くなく、これはとても使えるのではないかと期待させる完成度だ。

 特にメニューが最近のOfficeとそっくりなのもいいところ。一昔前の「互換Office」のようなさびしさがないのがうれしい。Office 2013と比べると機能はかなり少ないが、よく使うものはだいたいそろっているようだ。

 戸惑ったのが、右クリックでの操作がかなり限定されることだ。そもそもMicrosoft Officeは右クリックでの操作性の良さを重視してきた。僕自身も右クリックを多用していただけに、ほとんどの機能が急に使えなくなると戸惑ってしまう。

 また、写真を貼り付けることもできるのだが、マウスのドラッグで自由なサイズに変更することができない。このあたりも慣れ親しんだ操作性と違うところだ。

 とても便利なのがファイルの共有機能。ほかのユーザーと共有するだけでなく、複数のデバイスで同時編集ができるのだ。同じアカウントでアクセスすれば、ファイルの保存を考える必要もない。会社のデスクトップ、出先のモバイルノート、それぞれでいつでも同じファイルを編集できる。

メニューは従来のOfficeとほとんど同じだ。ただし、Word 2013(右)と比べると数は少ない
[画像のクリックで拡大表示]
右クリックでできることが少ないのが残念
[画像のクリックで拡大表示]
画像の貼り付けはややレスポンスが悪く、また操作性もイマイチ。位置の移動は思い通りにできなくてイライラするだろう
[画像のクリックで拡大表示]
ファイルの共有も簡単だ
[画像のクリックで拡大表示]