1.パスツールとアンカーポイント

 「パス」ツールを使うには、まずツールボックス内にある万年筆状のアイコン「パス」を選択します。パスでは最初にクリックした位置に「アンカーポイント」が打たれ、次にクリックする位置まで直線が引かれます。次のアンカーポイントを打った時にクリックしたままマウスを動かすとアンカーポイントの両側に「バウンディングボックス」が表示され、直線だったパスが曲線に変化します。この曲線を調整して、うまくつなげていくことでさまざまな形状の物に選択範囲を作成できるというわけです。アンカーポイントは「自由選択」の時と同様にドラッグ&ドロップで位置を調整でき、両端のバウンディングボックスを動かすことで曲線を調整できます。バウンディングボックスは[Shift]キーを押しながら移動させると両端の角度を保ったまま調整することができます。

 パスの途中にあるアンカーポイントを調整してから別の場所をクリックすると新規のアンカーポイントが打たれてしまいます。アンカーポイントをつなげたい場合は、最後に打ったアンカーポイントを一旦クリックしてから次のアンカーポイントを打って下さい。[Shift]キーを押しながら別の場所をクリックすると新規のアンカーポイントを打つことができます。なお、GIMPのパスは、始点と終点をつなげるという機能がないため、選択範囲を作成する場合は、始点の近くに終点のアンカーポイントを打ちます。

ツールボックスにある、パスを選択する
[画像のクリックで拡大表示]
画像を大きく表示させるために、画像表示領域のメニューから「200%」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]
顔や体の輪郭が分かりやすい部分かにアンカーポイントを打ち、パスをつなげていく。曲線に合わせてマウスをドラッグしながらずらしていくようなイメージでアンカーポイントを打っていくと作業がしやすい。また、曲線がうまく引けない時はアンカーポイントをこまめに打っていくといい
[画像のクリックで拡大表示]
拡大率を下げて、パス全体を確認する。髪の毛のような複雑な部分は、一度大ざっぱに選択範囲を作成しておいて、レイヤーにしてから「消しゴム」ツールなどでいらない部分を消すとうまくいきます
[画像のクリックで拡大表示]

2.選択範囲を作成し、レイヤーにする

 パスを作成したら、ツールオプションの「パスを選択範囲に」をクリックして、選択範囲を作成します。「パスの境界線を描画」はパスを作成した部分に縁取りの線を描くことができます。例えば、シルエットなど、物の輪郭だけを描きたいときに使用すると便利です。ツールオプションにある「編集モード」の「編集」を選んでからアンカーポイントをドラッグすると曲線用のバウンディングボックスを調整できます。「移動」はパス全体を移動させることができます。

ツールオプションの「パスを選択範囲に」をクリックすれば選択範囲が作成される
[画像のクリックで拡大表示]
作成された選択範囲をコピー&ペーストするとレイヤーダイアログに「フローティング選択範囲」が表示される。これをクリックして選択し、レイヤーダイアログの左下にある小さなアイコン「新しいレイヤーを画像に追加」をクリックするとレイヤー化される。なおレイヤーダイアログが表示されていない場合は、「ウィンドウ」メニューから「ドッキング可能なダイアログ」を選び、「レイヤー」をクリックするといい
[画像のクリックで拡大表示]
レイヤーボックスにある背景画像の左側の「目」のマークをクリックし、作成したレイヤーのみを表示させ、切り抜き漏れが無いかなどを確認する
[画像のクリックで拡大表示]