写真家の三井公一氏に最新デジカメをいち早く試してもらい、撮って出しの実写画像を紹介する企画の第1弾は、リコーイメージングがペンタックスブランドで販売するミラーレス一眼「PENTAX Q-S1」だ。コンパクトデジカメ並みの小型軽量ボディーながら、大型の撮像素子を搭載するデジタル一眼に迫る描写性能を見せる。

 8月28日に発売されたリコーイメージングの「PENTAX Q-S1」。手のひらに軽く収まってしまう、とてもコンパクトなミラーレス一眼カメラだ。有効約1240万画素の1/1.7型裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、高速画像処理エンジン「Q ENGINE」でISO12800の高感度でも優れた描写を楽しめるモデルに仕上がっている。

リコーイメージングがペンタックスブランドで販売する小型ミラーレス一眼「PENTAX Q-S1」。実勢価格は、ボディー単体モデルが4万円前後、レンズキットが5万円前後、ダブルズームキットが7万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 ボディーは小さいが3.0型の大型液晶を備え、撮影時にフレーミングがしづらいこともなかった。液晶はもう少し精細さが欲しいところだが、製品の性格を考えるとちょうどいいのかもしれない。グリップ部などは前モデルから一新され、よりクラシカルなデザインにリニューアルされた。また、ダイヤルセレクトによるエフェクトなどの操作や、よく効く手ブレ補正機構により、快適に撮影ができた。その写りはコンパクトなボディーからは想像できないほど素晴らしく、思わず「欲しい!」と思ってしまったほど。バッグに交換レンズと収納してもスペースを取らないので、普段のフォトウォークや旅行にももってこいの新製品だ。

従来モデルからデザインを一新し、クラシックカメラ調の仕上がりになって高級感が高まった
[画像のクリックで拡大表示]
レンズマウントの奥に見える撮像素子は1/1.7型のCMOSセンサーを採用。一般的なデジタル一眼と比べて小さい
[画像のクリックで拡大表示]

 とてもコンパクトで手のひらに収まってしまうQ-S1。外観がかわいいだけでなく、その実力はかなりのものだった。標準的な感度域では精細感はかなりあり、スナップやテーブルフォト、旅行やちょっとした作品撮影ならば十分こなせるはずだ。高感度も予想以上に描写がよく、ISO1600程度なら普通に使えるレベルに仕上がっていると思う。ユニークな交換レンズ群をそろえて、システムとして楽しみたい一台だ。

雨のヨコハマをQ-S1を持ってブラブラ撮影。雨粒に濡れる表示板をプログラムでクローズアップ。想像していたよりもカッチリクッキリと金属の質感と水滴の冷たさを写し取れた(ISO100、1/125秒、F4.5、02 STANDARD ZOOM使用、45mm相当)
[画像のクリックで拡大表示]
レンズを06 TELEPHOTO ZOOMにチェンジしてベイブリッジを撮影。ドラマチックになるようにハードモノクロームにセットしたが、いい雰囲気になるとともに、ワイヤーの繊細さや向こうに見えるつばさ橋までシャープに描写している(ISO100、1/250秒、F2.8、06 TELEPHOTO ZOOM使用、196mm相当)
[画像のクリックで拡大表示]