2014年7月1日、VAIO株式会社が始動した
[画像のクリックで拡大表示]

 VAIO株式会社が、2014年7月1日にスタートした。

 2014年2月に、ソニーがVAIOブランドで展開していたPC事業を、日本産業パートナーズへと譲渡。7月1日付で、新会社の営業を開始した。

 資本金は10億円。出資は日本産業パートナーズが95%、ソニーが5%。本社はソニー時代にVAIOの開発、生産拠点であった長野県安曇野市のソニーEMCS内に設置。社長には、ソニー出身の関取高行氏が就任した。

 関取社長は、「PCの本質を追求するとともに、VAIOならではの付加価値を+αとして提案する」と方針を示した。

 ソニーでは、1100人規模でPC事業を推進してきたのに対して、VAIO株式会社では240人の規模に縮小。年間出荷台数も、2013年度の560万台から、2015年度は約16分の1となる30万~35万台まで出荷台数を減少させる。

 まずは、ソニー時代から販売していたノートPCの「VAIO Pro 11/13」および「VAIO Fit 15E」に限定した形で取り扱いを行い、2015年明けにもVAIO株式会社としての新製品を投入する予定だ。

ソニー VAIOのシェアは1年前の半分に

 では、新会社設立までのソニー VAIOのシェアはどう推移していたのだろうか。

 全国の主要量販店におけるPOSデータを集計しているBCNによると、この1年間で、最もソニーのノートPCのシェアが高かったのは2013年12月の11.8%。だが、2014年1月以降は毎週10%を切り、PC事業売却が発表された2014年2月には7.5%のシェアへと落ち込んだ。

 春商戦のピークとなる3月には8.0%と若干シェアを引き上げたが、売却発表前の水準までには戻らなかった。その後は春モデルを発表しなかったことや、在庫の減少などにより、シェアが減少。4月は7.3%、5月は5.7%、6月は4.4%と徐々に減少し、1年前の2013年6月の約8.5%と比べると、半分にまで落ち込んでいる。

 とはいえ、PC事業売却発表以降でもこれだけのシェアがあり、新会社であるVAIO株式会社が設立された7月1日を含む6月30日~7月6日の週の集計でも3.2%のシェアを維持しているのだから驚く。

 量販店店頭でも若干の在庫が残っているようで、「最終モデル発売中」といった形で展示販売されている。

[画像のクリックで拡大表示]
ノートPC メーカー別販売台数シェア月次推移(2013年11月~2014年6月/BCN調べ)
年月/メーカー NEC 東芝 富士通 レノボ・ジャパン ASUS アップル ソニー
2013年11月 20.0% 23.0% 17.3% 8.6% 5.9% 6.2% 10.6%
2013年12月 22.7% 20.1% 15.4% 8.5% 5.7% 6.9% 11.8%
2014年1月 24.9% 22.7% 19.4% 6.2% 5.7% 4.8% 8.6%
2014年2月 22.9% 17.4% 21.7% 7.8% 7.2% 5.6% 7.5%
2014年3月 24.8% 18.0% 19.1% 9.6% 7.8% 5.3% 8.0%
2014年4月 17.4% 17.4% 17.8% 12.4% 11.5% 4.7% 7.3%
2014年5月 20.8% 13.6% 18.5% 12.0% 11.3% 7.9% 5.7%
2014年6月 22.8% 15.3% 15.0% 13.1% 12.6% 8.4% 4.4%


スマートフォンでご覧のかたはこちら(表を画像表示)