過剰な水分摂取に利点はない

 欧州食品安全機関(European Food Safety Authority:EFSA)は、1日あたり、女性は約1.6L、男性は約2Lの水分を飲むことを推奨しています。ただし運動などで発汗が多いときにはさらに多くの水分の補給が必要になりますし、気候や年齢、健康状態などによっても大きく異なります。ですから1日に必要な水分量は、個人によってかなり違うのです。

 ところで、健康な尿の色は淡い黄色ですが、脱水状態になると黄褐色になるので、水分補給が必要だと分かります。

■参考文献
Mayo Clinic「Water: How much should you drink every day?

NHS「Water and drinks


 喉の渇きに応じて、自然に飲む水の量なら健康的ですが、過剰な水分を強制しても、利点はありません。また、腎臓や心臓の機能が弱い方は、水分制限に関して医師の指示が必要になってきます。

 ところで、脱水対策の水分補給については、ミネラルウォーターを含めて「水」だけだと飽きてしまうからと、炭酸水を利用されている方も多いと思います。でも、気になるのは炭酸水の健康に対する影響ですよね。いくつか疑問点を考えていきましょう。